チークが小顔にしよう

みなさんは自分を化粧で小顔に見せたいときはいったいどうしていますか?しっかりと小顔にできる暗い色のファンデーションやクリームなどを専用として買ってつけていますか?今の時代、わざわざそこにお金をかけずとも小顔に見せることのできる方法があるのです。それは、普段から別の用途で使うあの化粧品がポイントでした。
その化粧品とは、チークです。そのチークは別に普通のパウダーチークでも、最近よく見かけるリップと一緒に使えるペースト状のものであっても構いません。肌が赤くなるものであればなんでも良いのです。そのチークをほおだけじゃなくて、耳の下の部分からあごの下の部分までに塗るのがポイントなのです。あまりにも赤すぎると不自然な場所なので、程よく自然な感じでつけてください。なるべくオレンジ色に近いチークを使うことをお勧めいたします。チークによってあごのラインに影を作ることができるので、別に専用で買わずともチークで全て賄えるのです。

コンシーラーで小顔作り

コンシーラを上手に使うと小顔に見せることができますよ。テクニックを磨かなければなりませんが失敗は成功の元・・・。何度もチャレンジしてみることって必要ですよね。

コンシーラは肌のシミを隠すために使う化粧品です。最近では安く売っているモノもあります。たとえば100円ショップでもコンシーラが販売されているので学生さんでも手に入れやすいと思いますよ。

値段の安いコンシーラでも使い方を間違えなければ小顔効果を出せます。若い人は高級化粧品じゃなくて安いモノで十分かもしれませんね。コンシーラは色で選べば良いのです。

自分の顔色をちゃんと見て暗すぎない色を選びます。コンシーラを使う部分はシミがある部分はもちろんですが顔の外側に使います。点々と顔の外側にコンシーラを置いていき薄く塗り広げます。

このときムラになってしまうと見た目がすごくおかしくなるのでムラにならないように丁寧に塗り広げていきましょう。その後パウダーをつけ完成です。